OCRソフトの導入以外にもコスト削減に有効的な様々な方法があります。

OCRソフトガチ評価のメインビジュアル

コスト削減はどのような方法で行う?

企業が実践できるコスト削減には様々な方法があります。
もちろんOCRソフトの活用もコストの削減に繋がりますよ!

現役OLのアイコン

 

企業が実践できるコスト削減一覧

コストカットには、無駄を極力カットする方向性もあれば、一時的に費用を投入する取り組みで長い目で見てコスト削減に繋げる方向性もあります。
自社の課題に的確にアプローチできる方法を模索するためにも、どのような方法があるか知るというステップから始めましょう。

 

アウトソーシングを活用

社外の人と業務を共有するイメージ

「アウトソーシング」とは、自社に所属していない外部の人材に業務を共有することで、スキルを部分的に購入するビジネス形態です。
多くは、企業がフリーランスに対して制作物やプロジェクトへの参加を依頼する形が取り入れられており、自社には無いアイデアを生み出せる上に、社内で解決するより高いコストパフォーマンスが見込めます。

 

 

備品はリースで使用

リースが可能なオフィスの複合機

IT企業を始め、今や多くの企業でパソコンやタブレットの使用が必須となっています。
しかし、デザインソフトや動画編集ソフトを扱う業種においては、一定数のマシンスペックが要求されるため、複数台購入する場合はかなりの高額になってしまう点が懸念されていました。

 

そのような場合は、備品のリースを活用しましょう。例えばクリエイティブな職種で必須とされるMacBookProは、理想的なカスタムで購入すると30万円は軽く超える金額に上ります。
しかし、リースを行えば1年あたり半額以下の価格で使用可能です。
特にマシンの買い換えが頻繁であるハードな現場ではリースが有効的な方策となるのではないでしょうか。

 

マニュアルの再構築

乱雑に積み上げられた書類

業務のクオリティを担保するためにマニュアルを作成している企業は多くあります。
しかし、長年同じマニュアルを使い続けている場合は、無駄な作業により余計なコストが生まれている可能性もあるため、適度な刷新が必要です。

 

特に新入社員の出入りが少ない中小企業になると、マニュアルが刷新されていない事実に気づくタイミングが遅れてしまう傾向があります。
社員同士の知識を確かめるためにも全員で適宜見直しを行う取り組みが有効的です。

 

テレワークの活用で通勤コストをなくす

家で仕事をするテレワーク

最近多くの企業が実践しているテレワークですが、最悪の場合の手段としてではなく日常的に業務の一環として取り入れることで、普段は削れない交通費の削減が実現できます。

 

また、週の決まった曜日だけでも満員電車に揺られる必要が無いと実感出来れば、社員のストレス削減にも有効的です。
社員の健全性は長い目で見て大幅なコストの削減に繋がると言えるため、見落とすことなく重要視しましょう。

 

 

ペーパーレス化の実現

タブレットやPCで書類をデータ化するイメージ

ミニマリストの流行を背景に「私物が多い人はモノに家賃を払っている」という考え方が話題となりました。
この考え方を会社に当てはめると、「書類が多い会社は紙に家賃を払っている」といった考え方にもなるのではないでしょうか。

 

可能な限り紙をデジタルデータに変換して、ペーパーレスな会社を実現しましょう。
その際にOCRソフトを導入すれば、紙の資料はほとんどデジタル化できる上に、クラウドサービスの活用で社員なら誰でもアクセスが容易になり、効率化が図れます。

 

コスト削減の意識が業務に良い影響を与える

コスト削減の意識を根付かせる取り組みは難しいですが、必ずしも社員に窮屈さを感じさせるような取り組みばかりであるとは限りません。

 

従業員全員でコスト削減の意識を持つ改革により、業務の効率化も可能です。
是非一度、コスト削減についてどのような意見を持っているか話し合いの場を設けてみてはいかがでしょうか。

 

経理部長のアイコン

コストの削減には様々なアプローチがあるね。
経理部でもコスト削減への柔軟な対応を見せる取り組みで収支をプラスにさせる働きが必要だ。