クラウドワークスやアウトソーシングの活用もコストを削減に繋がります。

OCRソフトガチ評価のメインビジュアル

クラウドワークスとは

社内に適した人材がいない場合、クラウドワークスの活用でプロジェクトが円滑に進められる可能性があります!

現役OLのアイコン

 

クラウドワークスとは、インターネットを活用して仕事の発注者と受注者をマッチングさせるWebサービスです。
主に発注者である企業と受注者である個人を結ぶというイメージが先行していますが、時間と内容がマッチすれば個人と個人、企業と企業を結ぶケースもある、次世代のワークスタイルといえます。

 

クライアント側には日本を代表する大手企業が参入しているほか、国が運営する経済産業省が発注者となる場合もあり、サービスの可能性は計り知れません。
世界においてもクラウドワークスのようなシェアリングエコノミーは注目されており、日本にも働き方の多様化が訪れる兆しとして注目されています。

 

利用者はどのような人なのか

家のパソコンでプログラミング

クラウドワークスは「プログラマー」や「デザイナー」「ライター」などの特殊なスキルを持った人材がフリーランス、もしくは企業に所属しながらもスキルアップを行うために個人で仕事を受注しているケースが一般的です。

 

しかし、プロフェッショナルだけが利用できるサービスではありません。
利用者によっては、専門的な技術職に転職したい人が実戦経験を積むために、コンペに参加して仕事を受け、憧れの業界に入る入り口として活用されるケースも見受けられます。

 

関連してよく聞くアウトソーシングとは?

外部から人材を招き入れるアウトソーシング

「アウトソーシング」とは、社内で進めているプロジェクトに関して必要とされるスキルや能力を持った人材を、外部から一時的に招き入れることでプロジェクトを効率的に進める取り組みです。

 

クラウドワークスは、アウトソーシングを円滑に進めるためのプラットフォームとして活用されるので、この2つの用語は相互に抑えておきましょう。
また、あえて採用するのではなく、その都度報酬を支払う形で外部から人材を招き入れる取り組みにより発生するメリットも見過ごせません。

 

アウトソーシングを行うメリット

OKサインを出すスーツの男性

時間という観点で有利な結果が出る

採用を行った場合、その相場は平均して50万円ほどと言われています。
面接や採用試験の時間がかかる面も考えると、コストとしては非常に大きいものです。

 

しかし、プロジェクト単位で専門家を招き入れれば、支払うコストは報酬に限られます。
そのうえ、納税という観点でも会社にとって利益が上がる仕組みとなっている点も魅力なのではないでしょうか。

 

会社の取り組みに多様性が生まれる

外部から専門家を招き入れることで、社内には無い知見をプロジェクトに拡散させるきっかけの創出が可能です。
また、専門家は知識が深いだけでなく分野における仕事の効率も最適化を行える場合が多く、自社に還元できる能力を得るメリットも見受けられます。

 

アウトソーシングに残るデメリット

不明瞭になってしまう意思疎通

意思疎通がハードルとなる場合がある

アウトソーシングでシステムや制作物を納品して貰う形になる場合、仕様について意思の疎通が不明瞭になってしまう恐れがあります。
一度きりの関係と割り切らずに、その後知識を借りたい場面があったら気軽に質問できるようなコミュニケーションの場を作成する行いを忘れてはいけません。

 

プロジェクトに応じた活用がオススメされる

アウトソーシングで求められるポイントは"どのようなスキルがあるか"という点です。
そのため、プロジェクトを円滑に進めるために適材適所となる専門的なスキルを持った人材を探す努力が必要とされます。

 

しかしながら、コストや時間の面でのメリットは大きいものです。
興味を持たれた方は、ぜひともクラウドワークスやアウトソーシングの利用を検討してみてください。

 

 

経理部長のアイコン

アウトソーシングで得られるメリットは大きいね。
社内の風通しを良くする意味でも利用する価値があるようだ。