テレワークの意味やメリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。

OCRソフトガチ評価のメインビジュアル

そもそもテレワークとは【復習】

各社それぞれの形でテレワークが実現してしばらく経ちましたが、それぞれメリット・デメリットがはっきりしてきたみたいです!

現役OLのアイコン

テレワークとは、インターネットやPCを活用してオフィスの外から仕事を行う業務形態です。
最近では自宅で業務を進行する取り組みを指して用いられる言葉ですが、サテライトオフィスという形で本拠地(主に本社)から離れた場所で勤務する形態もテレワークに含まれます。

 

日本では、2019年末から緊張状態が続く感染症の影響でテレワークが急速に広まりを見せましたが、実際に取り組みが行われるなかで、会社にとってメリット・デメリットが浮き彫りになってきました。
これから導入を検討されている企業は、客観的な情報に基づいたテレワークの導入が求められています。

 

導入後に挙げられたテレワークのメリット

テレワークをする女性

コストの削減になる

自宅で会社の業務を行う形でテレワークを実行すれば、頻繁にオフィスに出社する必要がなくなります。
そのため、会社を運営するために必要な水道光熱費、通信費、さらには会社に通うための交通費といった諸経費を大幅に削減出来ます。

 

社員の健康管理が容易になる

決まった曜日にテレワークを導入すれば毎朝通勤電車に乗る必要がなくなるため、社員は身体的な疲労感から解放され、睡眠時間の確保に回せます。
多くの人と接触しないため、感染症のリスクは低まり、長時間睡眠で免疫力も向上するため、業務に良い影響が出る効果が期待されるのです。

 

出社できない社員のスキルを活用出来る

出社が困難になった社員のなかには、子育てや親の介護を理由にまとまった時間を確保できないという場合も考えられます。
そのような場合、空いた時間にプロジェクトへの参加が出来れば、本来不可欠であったメンバーのスキルをテレワークによって部分的に活用できます。

 

導入後に挙げられたテレワークのデメリット

テレワークでPCトラブル

IT設備の拡充が行き届かない

急速にテレワークに移行した会社は、かなり高い確率でIT設備にまつわるトラブルを引き起こしています。
特に、自宅に持ち帰ったパソコンが社内のデータベースにアクセスできないために、仕事が全く進まないと言うトラブルは何件も見受けられました。

 

業務に差が出るため負担が偏る

テレワークを推奨するものの、どうしても社内でないと出来ない業務を抱える社員も現れます。
会社にいる社員は必ずと言って良いほど、テレワークに切り替えた社員と会社をつなぐ中継役としてのポジションを担う必要性が出てくるため、業務量が多く、普段通りの仕事が出来ないと言う事態が見過ごせません。

 

コミュニケーションが取りづらい

自宅で業務が行えるようになっても、上司や同僚に確認しなければいけない案件は必ず現れます。
そのような場合に、普段からチャットやメッセンジャーの利用に慣れていない上司がいれば、コミュニケーションが上手くいかないというトラブルは避けられません。
最悪の場合全体の業務効率が著しく低下してしまうこともありえます。

 

テレワークが当たり前になる社会に期待大

モニターを通して人とつながるイメージ

テレワークには経費やスキル活用の面ではメリットがあるものの、作業効率やコミュニケーションの面でデメリットが多く見受けられます。

 

今回の経験を機に、多くの企業が働き方の多様化を真剣に検討された事実を垣間見て、今後の社会においてテレワークのような柔軟な業務形態の活躍に期待が出来るのではないでしょうか。

 

経理部長のアイコン

賛成の声が大きいものの、業務の連携と言う面では課題が残るようだね。
これを機に日本でもテレワークの仕組みが改善される未来に期待しよう。